建物を引き立てる植物をふんだんに使ったエクステリア | エクステリア外構デザイン・庭リフォームの景匠館

エクステリア外構デザイン・庭リフォーム専門の景匠館/大阪・兵庫・香川
HOME > エクステリア施工事例 > ナチュラルエクステリア施工事例 > 建物を引き立てる植物をふんだんに使ったエクステリア

ナチュラルエクステリア

建物を引き立てる植物をふんだんに使ったエクステリア

ナチュラルエクステリア

ナチュラルエクステリア

 

ナチュラルエクステリア

 
ナチュラルエクステリア
 
 
 

建物を引き立てる緑の演出。

 

趣のある洋風の佇まいのF様邸は、行き止まりに位置するところに建てられている立地条件的にプランの難しい物件でした。

 

まず、道を曲がって最初に見ることとなる一定方向からの視線を受け、建物とエクステリアのデザインを統一し、尚且つ道路から見たときの前記の2つの条件を調和するという、正面からも側面からも完成されたものとしなければなりませんでした。

 

そのような条件の中、今回はガレージスペースを利用して、全体的に視線を受け止める役割のサークル状の花壇とパーテーションを設けました。円形なのでどの角度から見ても表情を崩すことが無く、また、壁の手前や間に適度な植物を配置することで印象的なものとなり、さり気なく人の目線を誘うものとなりました。

 

植物の樹種にもこだわり、シマトネリコやナナミノキなどの常緑樹に加え、エゴノキやヤマボウシなどの株立ちの樹形が美しい落葉樹を選択。特に葉の色が優しい種類で構成することで、建物の雰囲気をより一層引き立てることが出来ました。

 

建物のデザインコンセプトである白壁とレンガを、エクステリアにも採用することで統一感を演出するとともに、目線を受けるスペースに効果的に植物を配置することで、あたかも緑が主役とも思える優しい空間が生まれました。

 

 

 

  DATA  
香川県坂出市 F様邸
敷地面積 / 240㎥
工期 / 30日
設計者 / 栗林 宏行

 

<施工を担当した店舗はこちら

香川高松店
top_box03_staff04.JPG
営業時間:AM10:00~PM6:00
水曜定休
香川高松店の詳細へ