丸太の門柱 アイアン素材で異国情緒溢れるエクステリアデザインに仕上げました(三重県上野市) | エクステリア外構デザイン・庭リフォームの景匠館

エクステリア外構デザイン・庭リフォーム専門の景匠館/大阪・兵庫・香川
HOME > エクステリア施工事例 > その他 > 丸太の門柱 アイアン素材で異国情緒溢れるエクステリアデザインに仕上げました(三重県上野市)

スタイリッシュガーデン00 O様邸

前へ 次へ

丸太の門柱 アイアン素材で異国情緒溢れるエクステリアデザインに仕上げました
(三重県上野市)

特別な存在感を放つ南欧風異空間。

 
 
 
 
  DATA  
三重県上野市ゆめが丘 O様邸
 
敷地面積 / 93坪
 

OWNER'S ORDER

●年月を積み重ねるたびに味が出るエクステリア。
●あまり日本にはない空間(風景)を作りたい。
 

手を加えて育てるエクステリアプラン。

 
「手をかけながら年月を積み重ねるたびに味が出るエクステリアでありたい。」
 
「あまり日本にはない空間(風景)を作りたい」
 
そんなことをO様がおっしゃられました。抽象的なご依頼ではありましたが、O様とご相談を重ねていくことで、O様の建築、エクステリアに対する強いこだわりや想いが伝わってきました。そこで私たちが提案したテーマは、「何世紀もの間、流行に流されない変わらぬ存在感を放つ空間」です。
 
素材はあくまでも簡素化し自然素材にこだわり、どこか懐かしさを感じさせるシルエットとしました。自然素材を使えば当然アフターメンテナンスが必要になってきますが、お施主様自身で手入れをしながらながら住んで頂くことにより、より多くの愛情をエクステリアに注いでいただけると思います。 
 
通常アフターメンテナンスのかかるプランニングは、あまりお勧めはしないのですが、お施主様のエクステリアへこだわり、熱い想いにお答えするには最適と判断しご提案、ご了解いただき工事がスタートしました。
 
まずエントランスには、建物の雰囲気に合わせたオフホワイトの壁に南欧風の鉄製フェンスや表札などを配置。そして木製の扉や印象的な丸太の門柱を使用することで、コントラストを効いたメリハリ感と素材そのものの質感を楽しめる暖かみのあるエントランスを演出しました。
 植栽スペースにおいては、植付けから成長していく過程を楽しんでいただく為、必要最小限の植栽しました。もちろんその都度アドバイスをさせて頂きます。
 
今後、鉄製フェンスのペンキをダークグリーンに塗り替えたり、塗り壁のクラックを補修したりとお施主様の仕事はこれからずっと続きもます。庭の木々は成長し、また新たにこだわりの草花がお施主様の手で植えられていくでことでしょう。完成のない変化しつづけるエクステリア、そしていつまでも愛情を注いでいただけるエクステリアを提案させていただきました。
前へ 次へ