統一感のある素材選びでシンプルシックな外構デザイン(大阪府) | エクステリア外構デザイン・庭リフォームの景匠館

エクステリア外構デザイン・庭リフォーム専門の景匠館/大阪・兵庫・香川
HOME > エクステリア施工事例 > その他 > 統一感のある素材選びでシンプルシックな外構デザイン(大阪府)

ナチュラルガーデン11 K様邸 E邸

前へ 次へ

統一感のある素材選びでシンプルシックな外構デザイン(大阪府)

シンプルな統一感を追求したエクステリア

 
 

CONCEPT -コンセプト

主張しすぎないアクセントが散りばめられたK様邸。
 
門柱にあしらわれたボーダータイルは、落ち着いた色でしっかりとした存在感を放つ家の顔となっています。
 
足を踏み入れた正面に位置する角柱は、アクセントでもあり、目隠しでもあり、お庭とアプローチを区切る仕切りでもあります。照明や緑を設けることで、機能的でありながらエクステリアの1つのポイントとなりました。
 
ところで、土間の乱形石とアプローチの正方形の自然石、そして門柱のボーダータイル、これらが同じ石材だということにお気付きでしょうか?
 
フェンスや門扉、角柱もダークブラウンに揃えて統一感を出し、なおかつ全体を引き締める色としてまとめあげています。
 
 
  DATA  
大阪府 K様邸
 
工期 / 30日
設計者 / 万博店
    倉田 怜
前へ 次へ