HOME > グリーンサークル > 庭のお手入れ方法 > 9月の庭木・植栽のお手入れ方法

庭木・植栽のお手入れ方法

庭木・植栽のお手入れ方法9-10月  
 
 

9・10月のテーマ・ポイント

初秋の候。寝苦しい夜も去りコウロギの鳴く声が涼を呼びます。
やっと日中外にでて夏で弱ったお花の手入れをしようと
思いたつ季節ですね。これからは台風の季節です。
天気予報を気にして植物達を暴風雨から守ってあげて下さい。

常緑樹・落葉樹・コニファー

 

果樹

 
 
  • 台風に備える
  • 施肥
  • 害虫の防除
 

台風に備えて庭木類は支柱の取り付け・確認をして強い風を軽減するための剪定をしましょう。剪定は枝 葉が少なくなるようにすくように切っていきます。 涼しくなるとバラ科の植物にはモンクロシャチホコの幼虫がそしてアメリカシロヒトリの2回目の発生時期でも あるのでスミチオン乳剤などを散布して食害を防ぎましょう。 落葉樹には、穿孔虫(カミキリの幼虫)が木の根元を食害する場合があるので、よく観察してください。捕 殺できなければスミチオン乳剤の500倍液などを紙や布等に浸し、注入して駆除してください。

 
 
  • 台風に備える
  • 施肥
  • 害虫の防除 
 

収穫が終わり多くの実をつけた果樹には窒素分の多い即効性の化成肥料をお礼肥えとして与えます。 ビワの木は上旬から下旬にかけて剪定の適期です。枝先に実をつけるので古い枝は切り戻しましょう。

鉢物

 

ハーブ

 
 
  • 台風に備える
  • 株分け、挿し芽
  • 施肥
  • 日なたに移動
 

台風の暴風にさらされないよう鉢物は避難させましょう。残暑が過ぎたら暑さで弱った鉢に薄めの化成肥料 などをやりましょう。長雨が続くとき以外は日光の当たるところに移動してあげましょう。

 
 
  • 挿し木
  • 切り戻し
 

長雨の時期になるので、過湿ぎみにならないよう水やりを調節しましょう。 花の咲き終わったハ-ブは切り戻してあげましょう。

芝生

   
 
コウライシバは生育が目に見えて遅くなり始めます。月に2回の割合で芝刈りを行い、猛暑で枯れた所はま わりで伸びきった芝などを利用して植えても良いですし、範囲が広ければ9~10月は春に次いで寒冷地以 外では植え付けの適期なので植え直しましょう。