HOME > グリーンサークル > 庭のお手入れ方法 > 8月の庭木・植栽のお手入れ方法

庭木・植栽のお手入れ方法

庭木・植栽のお手入れ方法8月  
 
 

8月のテーマ・ポイント

残暑凌ぎ難き候。暦の上では、残暑でも本格的な夏の到来に私たちも
夏バテになる事が多い時期ですね。実は植物たちの多くも夏バテします。
高温多湿のなか旨く栄養を取ることができなかったりと
大変な時期ですので、水管理はとても大切です。
乾燥の続くときはたっぷりお水を与えてやりましょう!

常緑樹・落葉樹・コニファー

 

果樹

 
 
  • 常緑樹の整枝
  • 剪定
  • 常緑広葉樹のさし木
  • 害虫対策
 

秋に開花する樹木(キンモクセイetc.)などを除き、樹形を乱す徒長枝などを切りつめましょう。 朝晩中心に木にも水をたっぷりやりましょう。夏に開花する木(サルスベリ・ムクゲなど)は特に水切れに注 意しましょう。落葉樹には、穿孔虫(カミキリの幼虫)が木の根元を食害する場合があるので、よく観察して ください。捕殺できなければスミチオン乳剤の500倍液などを紙や布等に浸し、注入して駆除してください。

 
 
  • 乾燥に注意
  • 害虫(ハダニ)の防除
  • 台風対策
 

果実が大きくなっている時に水をきらすと良くありません。乾燥には十分注意してあげましょう。乾燥した所 が大好きなハダニが発生するときです。葉が黄色っぽくなってきたら要注意。霧を吹いたり薬剤を散布 してください。台風前には収穫できるものは収穫して、風よけにネットを張ったりして風害を防ぎましょう。

鉢物

 

ハーブ

 
 
  • 水遣り注意
  • 台風対策
  • 西日は避けて
  • 害虫の防除
 

鉢物も水管理はとても大切です。気が付くとしおれてたという事のないように、朝晩晴れて乾燥した日は水 をたっぷりあげてください。台風情報にも注意しましょう。鉢物は西日の強く当たる所は避けておきましょう。

 
 
  • 水遣りに注意
  • 梅雨明け後の整え
  • 害虫の防除
 

高温多湿を嫌うハ-ブ(ラベンダ-・オレガノ・タイム・ロ-ズマリ-など)はよいが、適度な湿度が必要なハ -ブ(ジャ-マンカモミ-ル・バジル・フェンネルなど) には株元をマルチングして乾燥から守ってあげましょ う。害虫は見つけ次第捕殺しましょう。

芝生

   
 
基本的にコウライシバは暑さに強いので病虫害などの大きな被害は心配要りませんが、天候に応じて、晴 天の日は毎日、そして1週間に一回はたっぷりと水を与えましょう。 月に2~3回は刈り,高さ2cmぐらいにしましょう。