HOME > グリーンサークル > 庭のお手入れ方法 > 7月の庭木・植栽のお手入れ方法

庭木・植栽のお手入れ方法

庭木・植栽のお手入れ方法7月  
 
 

7月のテーマ・ポイント

盛夏の候、レジャーの計画を立てるのもわくわくする季節ですね。
植物達にとっては、昼は強烈な日差しと高温、そして熱帯夜の続く季節。
この季節のお手入は大変ですが、気がつくとしおれていた・・・。
と、いうことのないよう気にかけてあげて下さい。
ご家族共々、植物達も暑い夏を乗り切れるようがんばりましょう。

常緑樹・落葉樹・コニファー

 

果樹

 
 
  • 常緑樹の剪定
  • 開花前の追肥
  • 病虫害の防除
 

生垣の刈り込みは、今年のサイズを決める骨格づくりのつもりで整姿して下さい。移植は梅雨までにすませ ましょう。
カイガラムシの幼虫は5月中旬頃から6月に発生がみられるので、スミチオン乳剤を散布して下さい。 落葉樹には、穿孔虫(カミキリの幼虫)が木の根元を食害する場合があるので、よく観察してください。 捕殺できなければスミチオン乳剤の500倍液などを紙や布等に浸し、注入して駆除してください。

 
 
  • 実の収穫
  • 摘果で果実の品質向上
  • ルチング
 

果実が色づいたらブル-ベリ-や木イチゴ類のハ-ベストタイムです。ジャムなどにして楽しんでくださ い。品質のよい果実をえるために柑橘類の摘果をしてください。傷の付いたものなどから、先にとりのぞい て下さい。亜熱帯なみの温度に土が乾燥しやすくなります。わらや、専用シ-トやバ-クなどをしいて乾 燥と雑草から守りましょう。

鉢物

 

ハーブ

 
 
  • 水遣りに注意
  • 咲き終わった花鉢の切り戻し
 

風が動かなく高温な日が続き、鉢の温度が上がったりしますので、直射日光のあたるところをさけておき、 梅雨明け後には、朝早くにたっぷり水を与えましょう。草花が乱れているものなど、枯れ葉など取り除き、根 元を掃除して風通しのよいようにして病害虫から守りましょう。

 
 
  • 水遣りに注意
  • 咲き終わった花鉢の切り戻し
 

咲き終わった花柄を切り取り、風通しが良くなるように、中央部分を少しすかすよう刈り込んであげましょう。

芝生

   
 
コウライ芝は生育期を迎えます。刈り込みや水やりなどの基本作業をきちんと行いましょう。